Our Works

リョーズワークス今までの実績

世田谷リノベーション

2022.02.07

リョーズのブルックリンスタイルリノベーション。
今回のマンションリノベーションは、異空間を感じるブルックリン風に仕上げています。
ブルックリンスタイルとは、工場や倉庫が建ち並ぶ物価の安い工業地区を指し、古い空き倉庫や未使用工場を無名の若者アーティスト達が安価で広い空間を求めアパート代わりに居住空間へと改築した北アメリカ合衆国の文化の中心地ニューヨーク市内の一居住地域のひとつです。
やがて工業的(インダストリアル)な雰囲気が漂うカフェやレストランにも同様式が取り入れられ現代もなおモダンスタイルとして人気の高い内装手法となっています。

特徴は、私たちの事務所にも採用している間仕切りのない広いワンルームに内壁は打ちっ放しコンクリートがむき出し状態でアンニュイな灰色壁。オートロックマンションですが、入口は十分な下駄箱スペースが無く収納上手なアイデアでオープンシューボックスを造作(改築画像の1枚目)。商業施設では普及型と言えるオートサプライのアクティヴ反応する自動水栓付きキッチンはお洒落で便利な水栓機能です。広さを認識しやすくするためダイニングテーブルセットとソファーを置いてみました。

RYO’S WORKSフェイスブックページ RYO’S WORKSインスタグラム